不登校の問題は早めに相談を

子供が元気に楽しく学校に通っている姿を見ると親は安心します。
しかし子供のなかには、いじめや学校の授業についていけない、友達とうまくやっていけない、部活が辛い、先生に対しての不信感といった様々な理由から学校に行きたくない。


という場合が生じます。

引きこもりの相談の専門サイトのこちらです。

学校に行きたくない状態が長く続くと不登校になります。
一度不登校になると、次第に学校に行きたいという意欲は薄れてしまいます。学校に行かない間は家に引きこもってゲームをしたりする子供もいます。
学校に行くことを親がすすめると、親に暴力をふるうというケースも生じています。
それで、子供が不登校になったなら、子供の将来を考えていつまでもその状況を放置しておかないようにしましょう。


「そのうち学校に行きたくなるからその時を待っておこう」と思わないようにしましょう。
では、どうすればいいでしょうか?それは、信頼できる人に相談することです。


学校の先生や校長に相談してみましょう。
または、不登校の生徒を専門に扱っている支援センターなどを訪ねてみるのも良いでしょう。
もしくは、心療内科や精神科のカウンセラーに相談してみるのも一つの方法です。



ぜひ、早めに相談して一日も早く子供が元気に学校に通学できるように助けてあげましょう。


そして、親はいつでも子供の味方であることを子供にしっかりと伝えておきましょう。


子供と親の信頼関係がしっかりとできているなら、子供は問題に立ち向かえるでしょう。

朝日新聞デジタルを知ろうと思っている人にお勧めの情報をお届けします。

教育をよく学ぶ

学校へ相談しても不登校は解決しません。不登校の原因は学校で作られたからです。...

more

初心者向き教育

不登校という事実は重大な問題であり、本人はもちろんのこと、その家族、特に親は深刻に受け止めることになります。そうなると、不登校に関する相談を行う場合、なぜこうなってしまったのか、どうするべきなのかなどを色々と考えすぎてしまい、結果として相談相手にたくさんのことを話し、互いに混乱することが目に見えています。...

more

教育についての考察

自分の息子、娘が不登校になってしまったという事実は、親からすれば大変辛いものがあります。そうした時に、友人などにこうしたことを相談するのは実はハードルが高くしにくいものがあります。...

more

情報分析

新聞などでもいじめをきっかけに引きこもりになる人もいます。小さな頃にいじめられた経験を持つ人は多いです。...

more